神戸リージョ監督が見た日本。「しょうがない」という言葉に思うこと

しかし、彼は常に前向きにトレーニングしている。日本人の可能性を誰よりも信じているのだ。

「選手はそれぞれ違う。人によっては目覚めが遅い場合もある。キャラクターやポジションによっても、ね。だから、私は選手を挑発する。とくに後ろの選手はおとなしくしていてはいけない。日本人はあまりに落ち着いているところがあるから」

 リージョは選手との挨拶で、わざと肩をぶつけたり、足を踏んづける。コミュニケーションのひとつである。挑発し、覚醒を促すのだ。そこには、選手に対するとびっきりの敬意と愛情が見える。

――監督としての幸せとは?

 そう訊ねると、リージョは少し照れ臭そうにこう答えた。

「それはあまりない。だって、自分はずっと選手になりたかったし、いまもその思いは残っているから。サラマンカで(最年少監督として1部に)昇格した時でさえも、自分が選手としてプレーすることのほうに幸せはあった」

 ボールを蹴られることへの純真な気持ちが消えない。それが、リージョを名監督たらしめているのだろう。来季のリージョ神戸に注目すべきだ。

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)