日本はF1への新登竜門。レッドブルが育成ドライバー2名を送り込む

ニューウェイはレッドブル・ジュニアチーム所属ではないが、彼も来年スーパーフォーミュラへの参戦が噂されている。
 ティクトゥムやアウアーにスーパーフォーミュラの印象や、ヨーロッパでの評判について聞いてみた。

「以前から僕のドライビングコーチや多くの関係者から、『スーパーフォーミュラのクルマはとても速くて、世界的に見てもすばらしいカテゴリーだ』と聞いていたから、いつか走りたいなと思っていた。だから、今年スポット参戦できることが決まった時はすごくうれしかったし、レースを楽しみにしていた」(ティクトゥム)

「WECやル・マンで活躍しているアンドレ・ロッテラー(2003年から2017年までフォーミュラ・ニッポン/スーパーフォーミュラに参戦)が僕にとってのヒーローのひとりで、彼のレースをずっと追いかけて観ていた。そのひとつにスーパーフォーミュラがあったので、何年も前から参戦したいなと思っていた」(アウアー)

 また、スーパーフォーミュラに注目しているのは、レッドブル・ジュニアチームだけではない。ヨーロッパを中心に活躍している名門チーム「モトパーク」も2019年からスーパーフォーミュラに参戦。2017年からエントリーしているB-Max Racing teamとタッグを組み、日本のトップカテゴリーに乗り込んでくる。先日のテストでもヨーロッパからメカニックやエンジニアが来日し、作業に加わっていた。

関連記事(外部サイト)