日本はF1への新登竜門。レッドブルが育成ドライバー2名を送り込む



 このように、スーパーフォーミュラはここ数年で一気に注目を集めるカテゴリーへと成長した。以前はレース中の追い抜きがほとんどなく、「観ていてつまらない」という不評もあった。だが、2018年から全戦で異なる2種類のスリックタイヤを使用しなければいけないルールが導入されたことでバトルが多くなったことも、世界が注目するようになった理由のひとつだろう。

 海外の有力チームが本腰を入れて参戦してくることで、2019年は間違いなく例年以上に熱いレースが繰り広げられるはずだ。海外のチームやドライバーから「F1への新たな登竜門のひとつ」として注目されるスーパーフォーミュラから、次は誰がステップアップするだろうか。

前へ 1 2 3 4 5

関連記事(外部サイト)