栗山英樹が驚いた大谷翔平の影響力。「抜けたからこそ勝ちたかった」

栗山英樹が驚いた大谷翔平の影響力。「抜けたからこそ勝ちたかった」

栗山英樹が驚いた大谷翔平の影響力。「抜けたからこそ勝ちたかった」の画像

栗山英樹監督インタビュー(前編)
 2018年シーズンの北海道日本ハムファイターズは、大谷翔平、増井浩俊、大野奨太といった主力が抜け、前評判は決して高くなかった。それでも上沢直之がエースとしてチームを牽引し、若手も躍動。シーズン終盤まで西武、ソフトバンクと優勝争いをしてみせた。惜しくも3位となり、クライマックス・シリーズ(CS)でもファーストシテージでソフトバンクに敗れたが、前評判を覆す堂々たる戦いを見せた。日本ハムの指揮官である栗山英樹監督が2018年シーズンを振り返った。

栗の樹ファームで2018年シーズンを振り返る栗山英樹監督

── 監督は冬の間、雪に閉ざされたこの栗の樹ファームのご自宅で、いったいどんな妄想を膨らませているんですか。
「妄想ばっかりだよ。冬の北海道は午後4時を過ぎたら真っ暗だからね。雪って音を吸い取るというか、シーンとしたあの静けさがいいんだよ。ひとりの世界に入り込むにはここは最高の場所だし、時間がある日は『この本、ゆっくり読めるな』って嬉しくなる。だから、部屋中、本棚ばっかりでしょ。それも四書五経の難しい本がいっぱい。今年、易経にハマっていたんだけど、それが難しすぎて……でも、そこには答えが全部、書いてある。野球の答えも、人生の答えも、易経にみんな書いてあるもんね」
── いやはや、監督らしいというか……ひとりで家にこもっていて、普段、食事はどうされているんですか。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)