東海大、箱根初制覇の一因。阪口が生み小松が喜んだ「最高の4秒差」

東海大、箱根初制覇の一因。阪口が生み小松が喜んだ「最高の4秒差」

東海大、箱根初制覇の一因。阪口が生み小松が喜んだ「最高の4秒差」の画像

東海大・駅伝戦記 第43回
前回の記事はこちら>>
 東海大の阪口竜平(りょうへい/3年)が平塚中継所(8区)に入ってきた。手を上げた小松陽平(3年)が待っている。「頼む」と襷(たすき)を渡した時、トップの東洋大とは4秒差だった。
「絶妙のタイム差」。小松はそう思ったという。この差が、この後の小松の区間新という快走を生み、東海大の箱根初優勝の夢を一気に現実のものとした。

小松陽平(写真左)は鈴木宗孝の背後につき、プレッシャーをかけ続けた

 一体、「絶妙な4秒差」とはどのようなものだったのだろうか。
「オレが前を抜きたいから、10秒ぐらい負けて(遅れて)来てくれ」
 レース前、小松は冗談でそんなことを阪口に言っていたという。
 7区の阪口がスタートした時点でトップの東洋大との差は1分8秒。開いてはいるが、決して追いつけない差ではない。6区で山を下ってきた中島怜利(れいり/3年)は、こんな思いを抱いていた。
「東洋大の7区の小笹(椋/4年)さんは実力のあるいい選手ですが、阪口が非常に好調だったので、かなり差を詰められると思っていました」
 少なくとも東洋大の背中が見える位置までは追えると、中島は確信していた。
 その阪口だが、襷を受けるまでは東洋大を追うために、まずは突っ込んで走る覚悟でいた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)