【木村和久連載】ゴルフライフ。メンバーとビジター、どっちが得か

【木村和久連載】ゴルフライフ。メンバーとビジター、どっちが得か

【木村和久連載】ゴルフライフ。メンバーとビジター、どっちが得かの画像

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第186回

 ゴルフにおいて、メンバーとビジターはどっちが得か、という話です。

 もちろん、金銭面だけを考えれば、ビジターが得なのは自明の理です。とはいえ、トータルで見た場合、コースのステイタスや、そこで知り合う仲間、さらに接待で使ったり、競技に出たりといったことを踏まえれば、メンバーライフを通じて得るものは計り知れません。

 何にしても、ゴルフを趣味と捉えれば、大人の道楽として、それはなかなか面白いものです。健康にもいいですし、先に触れた細かい分野も加味して、ビジターとメンバーライフ、どっちが得か、大胆に切ってみたいと思います。

(1)プレー料金
 まず、全国的なプレー料金を比較してみます。平日のメンバーフィーとビジター料金は、大差ありません。

 ただし、東京や神奈川など大都市近郊の名門コースは、メンバー料金が1万円程度なのに、ビジター料金は土日で3万円台、平日でも2万円ぐらいします。だから、都心に近い名門コースのメンバーは、1年を通じてビジターより得です。

 けど、その前に会員権を得るために1000万円近く払っているわけですから、なんとも言えません。30年ぐらい長い目で見て、何百回も安くラウンドすれば、メンバーもさほど損はないかと思いますが、短期的な視点では、断然ビジター優位です。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)