目標はMGCと五輪だけじゃない。井上大仁はマラソン日本記録更新を目指す

目標はMGCと五輪だけじゃない。井上大仁はマラソン日本記録更新を目指す

目標はMGCと五輪だけじゃない。井上大仁はマラソン日本記録更新を目指すの画像

MHPSを初の2位に導く走りをした井上大仁

 1月1日に行なわれた全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)には、今年9月の東京五輪出場選考会となるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の出場権を獲得している15名が出場。そのなかで強さを見せつけたのが、最長22.4kmのエース区間4区を走った井上大仁(ひろと/MHPS)だ。
 昨年8月のアジア大会のマラソンで優勝した井上は、溜まった疲労を考慮して、9月いっぱいは軽めの練習をして過ごしていた。そこから本格的に練習を再開させて、九州実業団駅伝ではエース区間の5区を走って区間賞を獲得。11月末には1万mで27分56秒27の自己ベストを記録していた。
 トップのSUBARUに1分1秒差の9位でタスキを受けた井上は、「とりあえず前を追いかけて走って、もし先頭に立ったら引き離す。それだけ考えて走りました」と言う。
 MHPSの黒木純監督はその走りをこう評価する。
「前半は動きが悪いのかなと思ったけど、あとで本人に聞いたら楽に行っていたと。それで(最初の5kmを)13分59秒で通過は力がついたなと思いました。うちの場合は駅伝に向けてもスピード練習はほとんどしないで、普通に40kmなどもやるマラソン練習をしている。スピードというより押していく力がついたのかなという感じです」
 井上自身は、先頭に追いつくのは15km過ぎになると考えていた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)