ヤクルト村上宗隆は1年目で風格。首脳陣も「4番しか考えられない」

ヤクルト村上宗隆は1年目で風格。首脳陣も「4番しか考えられない」

ヤクルト村上宗隆は1年目で風格。首脳陣も「4番しか考えられない」の画像

昨年の8月、ヤクルトの二軍は福島・楢葉町(ならはまち)で公式戦を開催した。新人の村上宗隆が打撃練習をしている時だった。地元の球界関係者の男性が、連れてきていた球児たちに「ありゃースゲーなぁ。ひとりだけ打球が違う。スゲーよ」と興奮気味にしゃべっていた。11月の愛媛・松山キャンプでは、石井琢朗コーチも「見る人みんなが『あいつはすごい』と言ってくれます」とうれしそうに話していた。


昨シーズン、プロ初打席初本塁打を記録したヤクルトの村上宗隆

 プロ入り後の村上を最初に見たのは、昨年の二軍での春季キャンプ(宮崎・西都市)だったが、まず体の大きさ(188センチ、97キロ)に驚いた。フリー打撃では、ケージから打球が出ないことも多かったが、ティー打撃などでの打球はほかの選手と明らかに音や飛距離 が違っていた。一方で、守備は高校時代の捕手からプロ入り後は三塁に転向。キャンプで村上は悪戦苦闘していた。

「木のバットへの対応が課題ですけど、振り込むことでよくなっていると思います。守備はゼロからのスタートなのでやることが多いです。基本である、捕ること、送球、ランナーの追い込み……しっかりと学んでゲームで生かせるようにしたい。まだ100のうち5ぐらいしかできていないと思います」

 オープン戦が始まると”顔見世的”な形で一軍デビューを果たすが、打席での雰囲気がすばらしく、ボールを最後まで見る姿には風格すら感じた。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)