湘南ベルマーレがJリーグ初の低酸素ルームを新設 去年、RIZAPグループに加わる

湘南ベルマーレがJリーグ初の低酸素ルームを新設 去年、RIZAPグループに加わる

記事まとめ

  • 湘南ベルマーレは昨年4月、フィットネスクラブ事業RIZAP(ライザップ)グループ加入
  • 湘南は新シーズンから『RIZAP Lab』と呼ばれる新たなトレーニング施設を導入する
  • Jリーグ初の低酸素ルームが設置、30分のトレーニングが2時間と同等の効果があるそう

Jリーグ初の低酸素ルームも。新設「ラボ」が湘南の新戦力を強くする

Jリーグ初の低酸素ルームも。新設「ラボ」が湘南の新戦力を強くする

Jリーグ初の低酸素ルームも。新設「ラボ」が湘南の新戦力を強くするの画像

初めてタイトルホルダーとして臨む新シーズン、湘南ベルマーレがさらなる加速を誓った。1月11日に開かれた新体制発表会見で、8シーズン目の指揮を執る゙貴裁(チョウ・キジェ)監督が今季のチームスローガン、「Acceleration ──加速──」を公表した。
「我々の目標は(このスローガン)ひとつしかない。チームを加速させるために、来てもらった(新加入)選手たちです。聞きなれない言葉かもしれないけれど、(アクセラレーションは)アクセルの名詞形。(昨季)チームが崩れなかったこと、そこへの思い、成長、そうしたすべてのことを加速させていきたい」

昨シーズンのルヴァンカップで優勝して、自身初のタイトルを獲得しだ貴裁監督

 加速のためのインフラ面もさらに充実していく。昨年4月、湘南はパーソナルフィットネスクラブ事業を展開するRIZAP(ライザップ)グループに加わり、6月にはRIZAPのトレーナーがチームのパフォーマンスアップチーフに就任。フィットネスクラブと同様に、選手それぞれに寄り添って個別指導や食事指導を行ない、目標のひとつだった「2020年までにタイトル獲得」を前倒しで成し遂げることに貢献している。そしてチームには、新シーズンから『RIZAP Lab(ライザップラボ)』と呼ばれる新たなトレーニング施設が導入されるのだ。
 登壇したRIZAPグループの瀬戸健社長はまず、「四半期決算の発表後、(経営不振と報道されたことを)心配している方もいるかもしれませんが、ベルマーレとの関わりは1ミリも変わることはありません。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)