3人先発を入れ替えか。大迫欠場で武藤嘉紀、北川航也の奮起に期待


 広範囲に動き回ってボールに関わり、鋭いパスを繰り出すアル・ハルディのマーク役には、所属するベルギーのシント・トロイデンで相手のキーマンを潰す役割をこなしている遠藤が打ってつけの存在だろう。
 より攻撃のビルドアップに関わるアル・ムハイジリに対しては、青山がアプローチしたい。オマーンの特徴として、カウンターの際に人数をかけて迫力を持って攻め上がってくることが挙げられるが、逆に、カウンターのカウンターを繰り出せば、大きなチャンスにもなる。その際、青山の縦パスはビッグチャンスを呼び込めるだろう。
 遠藤と青山のボランチ起用にともない、トルクメニスタン戦でボランチを務めた冨安健洋(シント・トロイデン)は本来のセンターバックで起用してもいい。もうひとりのボランチ、柴崎岳(ヘタフェ)の調子が万全ではなかっただけに、ここで遠藤や青山にプレー機会を与えておきたい。

 もうひとり、オマーンで警戒すべき選手を挙げるなら、11番をつけた右サイドバックのサード・アル・ムハイニだ。その背番号が表すように、かなり攻撃的なサイドバックだが、対峙するのは日本の左サイド、原口元気(ハノーファー)と長友佑都(ガラタサライ)である。走力に優れ、経験者のふたりなら、簡単に後手に回ることはないはずだ。
 一方、「他の選手はこのチャンスを掴まなくてはいけない」というキャプテンの吉田麻也(サウサンプトン)の言葉がより当てはまるのが、大迫の代わりを務める選手だ。

関連記事(外部サイト)