スタイル変更も前への精神は不変。22年ぶりVで明大が新時代を築く


 明大ナンバー8の坂和樹(3年)がマキシをつぶす。天理大の連続攻撃にタックル、またタックル。最後、天理大の切り札のCTB(センター)シオサイア・フィフィタ(2年)にパスがつながろうとした瞬間、明大のCTB森勇登(2年)が鋭い出足で前に出る。ノックオン。
 歓喜の爆発。「メイジ! メイジ!」。紫紺の小旗が揺れる観客席からの大歓声に包まれ、主将のSH(スクラムハーフ)福田健太(4年)は泣いていた。試合後、勝因を聞かれると、こう声を張り上げた。
「メイジのプライドを持って戦えたことがすべてだと思います」
 メイジのプライドとは?
「紫紺のジャージを着た以上は勝たないといけない。ディフェンスでもアタックでも前に出続ける。すべてのところで押す。ラグビーに対する姿勢でも。それがプライド」
 表彰式が終わると、明大フィフティーンはピッチわきで待つ、試合に出場しなかった”ノンメンバー”のところに猛ダッシュで駆け出し、ひとつの輪となった。チームとしての一体感、これぞ学生ラグビー、いやチームスポーツの美徳のひとつである。
 活躍した4年生のWTB(ウイング)高橋汰地(たいち)がしみじみと漏らした。
「みんなが泣いてくれていたので、自分も泣いちゃいました。こいつらと一緒にラグビーやってよかったなあって」
 この日、宿舎での試合前ミーティングでは、ノンメンバーによるビデオメッセージが流された。

関連記事(外部サイト)