大坂なおみ、全豪OP好発進。世界ランク1位に躍り出る可能性もあり

大坂なおみ、全豪OP好発進。世界ランク1位に躍り出る可能性もあり

大坂なおみ、全豪OP好発進。世界ランク1位に躍り出る可能性もありの画像

センターコートで観客の期待に答えた大坂なおみ

 まさにグランドスラムチャンピオンの名にふさわしい勝ちっぷりだった――。
 オーストラリアン(全豪)オープンで、第4シードの大坂なおみ(WTAランキング4位、1月14日づけ/以下同)は、1回戦でマグダ・リネッテ(86位/ポーランド)を、6−4、6−2のわずか58分で破って2回戦に進出した。
 リネッテには、昨年のWTAワシントンD.C.大会ではフルセットで敗れていたが、その時の反省を生かして今大会、大坂はペースの速いストロークを深く入れて、リネッテのミスを誘った。
 リネッテのセカンドサーブに対しては、ベースラインの内側でリターンポジションを構えて、プレッシャーをかけながらステップインして早いタイミングでリターン。その結果、リネッテのセカンドサーブでのポイント獲得率は、わずか37%にとどまった。
「第1セットでは、彼女がどういうサーブを打つのか見ていて、第2セットはもっとステップインしていこうと決めました。よりアグレッシブによりいいプレーができたと思います」(大坂)
 大坂は、サービスエース6本、フォアウィナー12本、バックウィナー8本を含む30本のウィナーを叩き込んだ。しかも、ファーストサーブのポイント獲得率は、驚愕の96%で、まさに完勝だった。
 昨年、大坂がUSオープンで初優勝を収めて、日本人初のグランドスラムチャンピオンになって以来、初めて迎えるグランドスラムが今回の全豪オープンだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)