菊花賞馬フィエールマンに不安。AJCCは中山巧者にここぞとお任せ

菊花賞馬フィエールマンに不安。AJCCは中山巧者にここぞとお任せ

菊花賞馬フィエールマンに不安。AJCCは中山巧者にここぞとお任せの画像

中距離戦線のGIタイトルを狙う馬たちの年明け初戦として定着している、GIIアメリカジョッキークラブC(AJCC。1月20日/中山・芝2200m)。過去には、スペシャルウィーク、マツリダゴッホ、トーセンジョーダン、ルーラーシップらが、ここをステップにして古馬GI戦線での活躍につなげていった。

 ということは、今後を期待される強豪馬たちの始動戦。堅い決着が多いレースかと思われたが、過去の成績を振り返ってみると、意外とそうでないことがわかる。

 過去10年の1番人気の戦績は、2勝、2着2回、3着0回、着外6回と、かなり期待を裏切っている。しかも、前述したルーラーシップが2012年に勝って以降、1番人気は目下6連敗中。この中には単勝1.3倍という断然の支持を得ていたゴールドシップ(2015年、7着)も含まれており、GI馬とはいえ、絶対視はできないレースでもあるのだ。

 今年のメンバーを見渡すと、圧倒的な1番人気が予想されるのは、昨年デビュー4戦目でGI菊花賞(2018年10月21日/京都・芝3000m)を制したフィエールマン(牡4歳)。先週のGII日経新春杯でも明け4歳馬のグローリーヴェイズが勝利しており、ここでもフィエールマンが「ハイレベル」と評判の明け4歳馬の強さを、あらためて証明しそうなムードにある。


一番人気が予想されるフィエールマンにひと泡吹かせる馬はいるのか


 しかし、日刊スポーツの木南友輔記者は、今回の舞台に臨むフィエールマンには疑問の目を向ける。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)