F1注目ポイント10選。ハミルトン6冠でシューマッハの記録に王手?



 対して、昨年後半戦は圧倒的な車体性能を誇ったレッドブル。2017年の新規定導入時はスタートでつまずき、メルセデスAMGとフェラーリに差を開けられた。2019年規定でも、メルセデスAMGやフェラーリと比べてレッドブルは不利なのではないかと目されている。それだけに、彼らが新規定に素早く適応してマシン性能の優位性を保てるかどうかはわからない。

 2017年はシーズン序盤であっという間に問題を解決するなど、やはりレッドブルの技術力は高い。しかし、今年はドライバーが若手ふたりのコンビということもあり、やや不安も残るだろう。チーム総合力でも、ドライバーラインナップの安定感でも、メルセデスAMGの優位はそう簡単に揺らぎそうにない。

(中編)へ続く>>>

前へ 1 2 3 4 5 6

関連記事(外部サイト)