スペインの慧眼がオマーン戦の南野を高評価。「注目すべきレベル」

後半の日本は、物足りなさが残った。

 同点にする必要があるオマーンは、イニシアチブを握ったが、彼らには、慎重になった日本を攻め切るだけの力はない。ボールポゼッション率は上がったが、決定機をつくり出すことはできなかった。

 その結果、試合は膠着。見どころが少ない展開になった。残り15分になって、わずかに試合が動き出した。オマーンはラエド・サレフがエリア内でアクロバチックなシュートを試み、日本は交代出場の伊東純也(柏レイソル)が快足を飛ばしてゴールに迫ったが、どちらもネットを揺らすことはできなかった」

 結局、日本がPKの1点を守って勝利した。エチャリは最後に試合を総括してこう語っている。

「勝利がほしい試合で勝利した、というのは収穫だろう。しかし、攻守のバランスはまだ改善の余地がある。今後はレベルの高い相手との対戦が待っているはずで、ボールを失った時のイメージをもっと共有すべきだ」

(ウズベキスタン戦に続く)

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)