2019年ドラフト主役候補・奥川恭伸。田中将大の成績を上回る凄さ

2019年ドラフト主役候補・奥川恭伸。田中将大の成績を上回る凄さ

2019年ドラフト主役候補・奥川恭伸。田中将大の成績を上回る凄さの画像

この冬、全国各地のさまざまな選手・指導者に会うたびにこう聞かれた。「奥川は見ましたか?」と。
 星稜(石川)の2年生エース・奥川恭伸(おくがわ・やすのぶ)が2018年秋の明治神宮大会で見せたパフォーマンスは、関係者に大きな衝撃を与えた。

昨年夏の甲子園でも活躍した星稜のエース・奥川恭伸

 11月10日の広陵(広島)との初戦、バックネット裏に詰めかけたスカウト陣の前で、奥川は7回を投げて被安打3、奪三振11の無四球無失点の快投を見せつけた。試合は星稜打線が爆発し、9対0と点差が離れたため7回コールドで終わった。
 広陵は中国大会準決勝で創志学園(岡山)と対戦し、夏の甲子園で話題をさらった2年生右腕・西純矢から7点を奪い、8回コールド勝ちした中国チャンピオンである。西に対しては7回まで7安打1得点に抑えられていたものの、8回裏に3安打に3失策が絡まり一挙6得点のビッグイニングで試合を決めている。
 1年生ながら西と奥川からそれぞれ2安打を放った広陵の好打者・宗山塁は、西と奥川を比較してこう語っている。
「西さんの真っすぐは圧力があって、高めに威力を感じました。高めに力のある真っすぐが来て、最後に変化球を決め球に使うのですが、コントロールがいいわけではなかったんです。でも奥川さんはコントロールがよくて、無駄球がない。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)