日本とイラン、何が明暗をわけたか。大迫勇也の存在が誤算を生み出す

日本とイラン、何が明暗をわけたか。大迫勇也の存在が誤算を生み出す

日本とイラン、何が明暗をわけたか。大迫勇也の存在が誤算を生み出すの画像

こう言ってはなんだが、まさにイランがドジを踏んだ一戦だった。後半11分、日本が挙げた先制ゴールのシーンはその極めつきになる。

 大迫勇也(ブレーメン)のパスを受けた南野拓実(ザルツブルク)が左サイドを前進。ペナルティエリアに侵入したかどうか微妙なところで、相手DFと交錯した。転倒する南野。イランは、すかさず数人の選手がオーストラリアのクリストファー・ビース主審のもとに駆け寄り、これはPKではないと、半分我を忘れて必死にアピールした。

 しかし、南野はすかさず立ち上がりプレーを続行。気がつくと、左サイドでフリーになっていた。おまけに、中央を固めていなければならないはずの選手たちも審判に駆け寄っていたので、大迫も中央でフリーに近い状態だった。

 南野の折り返しを大迫が頭で押し込むシーンは、「プレーは笛が鳴るまで止めてはならないという鉄則を守らないと、こんなひどい目に遭いますよ」という見本になりそうな、日本にとってはニンマリしたくなるイラン側のボーンヘッドだった。


イラン戦で2ゴールを挙げ、日本を決勝に導いた大迫勇也

 なぜイランは、こんなつまらないミスを犯したのか。焦りがあったことは確かだろう。おそらくイランは、もっとゲームをコントロールできると思っていたのではないか。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)