ファーム二冠の6年目、巨人・和田恋には岡本和真と違ったよさがある

ファーム二冠の6年目、巨人・和田恋には岡本和真と違ったよさがある

ファーム二冠の6年目、巨人・和田恋には岡本和真と違ったよさがあるの画像

2018年の巨人にとって、岡本和真という新たな看板が生まれたことは大きなエポックメイキングだった。
 身長185センチ、体重96キロという巨体。柔らかさと豪快さを併せ持つスイング。マイペースで無骨さを感じさせるキャラクター。これから名門チームの屋台骨を担っていく雰囲気が、この22歳の大器からにじみ出ている。
 岡本が昨季残した成績は、143試合にフル出場して打率.309、33本塁打、100打点。華々しい舞台で岡本が結果を残していた裏で、ファームではもうひとりの右の大砲がめざましい進歩を遂げていた。
 和田恋(れん)、高卒6年目の23歳である。イースタン・リーグ104試合に出場して、打率.296、18本塁打、87打点。本塁打王と打点王のリーグ二冠王に輝いた。

昨年ファームで本塁打王、打点王の二冠を達成した巨人・和田恋

 身長180センチ、体重88キロ。大きな体とインパクトのある名前とは裏腹に、和田の口からは威勢のいいコメントは聞こえてこない。本人は「あまり話すのは得意じゃないんです」と笑う。そんな控え目な人柄も手伝ってか、これまで首脳陣から高い潜在能力を評価されながら、目立った働きを見せられずにいた。
 2013年ドラフト2位で巨人に入団した和田は、プロでの5年間をこう振り返る。
「プロに入る前は、5年目までにはもう少し一軍でやれているイメージだったんです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)