東海大の新主将・館澤亨次の誓い「学生駅伝3冠と新時代の常勝軍団へ」

東海大の新主将・館澤亨次の誓い「学生駅伝3冠と新時代の常勝軍団へ」

東海大の新主将・館澤亨次の誓い「学生駅伝3冠と新時代の常勝軍団へ」の画像

東海大・駅伝戦記 第46回
前回の記事はこちら>>
 東海大の新キャプテンに、館澤亨次(たてざわ・りょうじ/3年)が就任した。
 東海大の場合、キャプテン候補の選手には、覚悟と自覚を2、3年時から持たせるようになっている。現キャプテンの湊谷春紀も3年生時に内定し、前キャプテンの春日千速(ちはや/現ヤクルト)のやり方を見て学んできた。
 だが、館澤らの代は、最初、キャプテン候補がなかなか見えなかった。なんとなく候補者が見えてきたのは、昨年の秋だった。もともと館澤は学年リーダーだったが、同学年の關颯人(せき・はやと)が「うちのボス」と館澤を呼んでいたこともあり、「館澤かなぁ」という空気は感じていた。

東海大の新キャプテンに就任した館澤亨次

 しかし館澤に「来年はキャプテンだね」と話を振ると、「いやー、3年生にはいい人材がたくさんいるので、自分なんかは……」とニコニコしながらも、当時はやんわり否定していた。
 今年1月、初優勝を飾った箱根駅伝直後、3年生が集まりキャプテンと新体制について話し合った。
 その際、館澤と西川雄一朗がキャプテン候補として上がった。最終的に館澤が選ばれ、同学年の仲間から承認された。両角速(もろずみ・はやし)監督は以前から「館澤キャプテン」を想定しており、その決定にとくに驚きはなかったという。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)