MotoGP今季初テスト。ドゥカティ上位独占もライバルへの警戒怠らず

MotoGP今季初テスト。ドゥカティ上位独占もライバルへの警戒怠らず

MotoGP今季初テスト。ドゥカティ上位独占もライバルへの警戒怠らずの画像

2月6日から8日まで、マレーシアのセパン・サーキットで行なわれた3日間のプレシーズンテストは、上位4つをドゥカティ陣営が独占した。
 トップタイムは、今年からファクトリーチーム入りを果たしたダニロ・ペトルッチ(ミッション・ウィナウ・ドゥカティ)。2番手には昨年のMoto2チャンピオンで最高峰ルーキーのフランチェスコ・バニャイア(アルマ・プラマック・レーシング)、3番手にバニャイアのチームメイトのジャック・ミラー、そして4番手にはファクトリーチームのエース、アンドレア・ドヴィツィオーゾが入った。

ドゥカティのエース、ドヴィツオーゾがテストの感想を語る

 ペトルッチからドヴィツィオーゾまでのタイム差は0.299秒で、4名ともセパン・サーキットの非公式最速タイムを上回るラップタイムを記録した。……と、この結果だけを見ると、ドゥカティが他陣営を圧したかのように早合点してしまいがちだが、ことはそう単純ではない。
 セッション時間をまだ残した状態で最終日の走行を切り上げたペトルッチは、「まだコース上に残っている選手は何人もいるし、(マーベリック・)ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)あたりがタイムを更新してくるかもしれないね。この3日間のテストではとても速かったから」と、他陣営の選手たちへの警戒を怠らなかった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)