鳥栖トーレスはフレッシュに2季目へ。ゴール量産に必要なことは?

鳥栖トーレスはフレッシュに2季目へ。ゴール量産に必要なことは?

鳥栖トーレスはフレッシュに2季目へ。ゴール量産に必要なことは?の画像

Jリーグ1年目の昨シーズン、フェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)は、成功を収めたと言えるのだろうか?

 17試合出場3得点。数字だけで言えば、物足りない。天皇杯を含めてもわずか4得点。チームの低迷や初めての極東でのプレーといった点を差し引き、ゴール以外の貢献があったとしても、欧州王者、世界王者になったスペイン代表ストライカーとしては、満足な出来ではなかった。

 トーレス本人が、一番忸怩たる思いだったはずだ。2年目のトーレスは成功を収められるのだろうか?


サガン鳥栖で2シーズン目を迎えるフェルナンド・トーレス

「笑顔が増えた」

 それが2019年のキャンプを通じた、2年目のトーレスに対するチームメイトたちの印象だという。去年はどこかでストレスを抱えていたのだろう。冷静沈着な人物だが、ピッチで苛つきを見せることもあった。

「自分は降格回避を争うチームでプレーした経験はない。どこかで(無意識に)プレッシャーになっていたのだろう」

 昨シーズン終盤、トーレス自身が正直な気持ちを吐露していた。

「フェルナンドとしては、スペイン人監督(ルイス・カレーラス)になって、言葉が通じるだけでも、ストレスがなくなったんでしょうね。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)