5人の識者が渾身の大予想。今シーズンの「J1全順位」はこうなる

5人の識者が渾身の大予想。今シーズンの「J1全順位」はこうなる

5人の識者が渾身の大予想。今シーズンの「J1全順位」はこうなるの画像

2月22日の開幕戦ではセレッソ大阪とヴィッセル神戸が激突

 2月22日、J1リーグの2019年シーズンが開幕する。昨季は川崎フロンターレが2連覇を達成。今季も優勝候補の最右翼に挙げられているが、はたしてどうだろうか。

 今や、世界でも類を見ないほど、大混戦のリーグである。前年に優勝争いに加わっていたチームが、その翌年には降格の憂き目にあうことがしばしば起こっている。昨季も半分以上のチームが残留争いに巻き込まれ、最後の最後まで多くのチームが予断を許さない状況に追い込まれた。

 優勝争いも同様である。ちょっとしたことで、思わぬチームが大躍進を果たしてもおかしくない。外国籍選手の登録・出場枠が大きく変わった今季は、なおさらである。”助っ人”選手がとんでもない活躍を見せれば、一気に戴冠を遂げることも可能だろう。事実、過去にもそうした例は何度となく見られている。

 とにもかくにも、J1リーグは何が起こってもおかしくない。優勝、降格予想さえ難儀を極めるが、今年もリーグに精通する5人の識者に、開幕を前にしてJ1全順位を予想してもらった――。
川崎の3連覇へ太鼓判は押せないが、
鹿島はじめ、他クラブの追い上げも乏しく…

杉山茂樹氏(スポーツライター)

1位 川崎フロンターレ
2位 鹿島アントラーズ
3位 ヴィッセル神戸
4位 ガンバ大阪
5位 FC東京
6位 清水エスパルス
7位 名古屋グランパス
8位 横浜F・マリノス
9位 浦和レッズ
10位 北海道コンサドーレ札幌
11位 セレッソ大阪
12位 サガン鳥栖
13位 湘南ベルマーレ
14位 サンフレッチェ広島
15位 ジュビロ磐田
16位 ベガルタ仙台
17位 大分トリニータ
18位 松本山雅FC

 昨シーズンの予想で最下位とした広島が2位。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)