「風間監督のサッカーは楽しい」名古屋のジョーは最多得点記録も狙える

「風間監督のサッカーは楽しい」名古屋のジョーは最多得点記録も狙える

「風間監督のサッカーは楽しい」名古屋のジョーは最多得点記録も狙えるの画像

名古屋グランパスのジョーが完璧に仕上げてきた。
 シーズン序盤からゴールを量産すればチームを優勝争いに導くのはもちろん、2年連続での得点王、さらに98年に中山雅史が記録したJリーグ年間最多得点の36ゴールを越えるかもしれない――。

2018年J1得点王のジョー

 昨シーズンは、序盤こそ動きが鈍かったが夏から動きが変わった。
 当時、最下位に沈み、J2降格の危機に陥った名古屋。その救世主としてベガルタ仙台戦(8月1日)ゴールを奪い始めると、7試合で14得点と完全に覚醒した。
「今まで見た中でレベルがまったく違うすごい選手」と、楢崎正剛がべた褒めした高い能力を発揮し、終わってみれば24ゴール(33試合)を挙げ、J1残留に貢献して、得点王にも輝いた。
「最初は、日本のサッカーに慣れるのが難しかった。ブラジルと日本のサッカーを比べると、ブラジルは比較的ボールを持てる余裕があるのですが、日本は少しでも油断するとすぐにプレッシャーをかけられてしまう。そうならないようにボールを持つ前に何をしないといけないのかの判断を、素早く、正確にしないといけない。もちろんサッカー全体のスピードもあるので、慣れるまでちょっと時間が必要でした」
 ジョーが真夏に元セレソンの片りんを見せ始めたのは、日本のサッカーに慣れただけではない。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)