女子バレー敗退、「サオリンなき日本」が東京で勝つためにやること

 リオ五輪女子バレーボールは16日、決勝トーナメントがスタート。日本(A組4位)は世界ランク1位のアメリカ(B組1位)と対戦。キャプテン木村沙織を中心に奮闘し、"女王"を慌てさせるシーンもあったが、0−3のストレートで敗れた。これで2大会連続となるメダルへの道は途絶えた。

 元全日本で、現在は解説者の杉山祥子さんに、最終戦となってしまったアメリカ戦を振り返ってもらった。

【profile】
杉山祥子(すぎやま・さちこ)
全日本のミドルブロッカーとして、アテネ五輪・北京五輪に出場。グランドチャンピオンズカップでは銅メダルを獲得。Vリーグで7度のベスト6をはじめ、ブロック賞3度、スパイク賞、敢闘賞のキャリアを誇る。スピードのある多彩な攻撃と固いブロック力に定評があった。2013年引退後は各メディアで解説をしている。

―― 世界ランク1位のアメリカとの戦い、振り返っていかがですか。

「試合全体を振り返ると、今大会で一番いい内容の戦いだったと思います。ただ、1セット目はアメリカの強さを見せつけられた感じとなりました。サーブがアメリカの選手の正面に入ってしまったので、Aキャッチ(セッターが動かずトスが上げられる位置へのパス)から、しっかりしたコンビ(攻撃)を使われ、これは取れないという形で試合が展開していきました」

この記事の続きを読む

1