吉田沙保里、4連覇ならず。「時代」は妹分たちへと引き継がれる

 霊長類最強女子の「不敗神話」が、完結した――。

 レスリング女子53キロ級・吉田沙保里が、決勝戦で敗れて銀メダル。オリンピック4連覇達成はならなかった。一方、前日の登坂絵莉(とうさか・えり/48キロ級)、土性沙羅(どしょう・さら/69キロ級)に続き、63キロ級の川井梨紗子がオリンピック初出場・初優勝を飾った。日本レスリング女子は目標とした「金メダル5個、全階級メダル獲得」には及ばなかったものの、金メダル4個・銀メダル1個を獲得。女子レスリング王国・日本の強さを、改めて国内外にアピールした。

 吉田は昨年12月、アテネ五輪の翌年から所属していた綜合警備保障株式会社(ALSOK)を退社。フリーとなってオリンピックイヤーを迎えたものの、腰や股関節などを次々と痛め、さらにぜん息も悪化。アテネ五輪、北京五輪、ロンドン五輪の3大会と比べ、コンディションが最悪だったことは間違いない。それでも吉田は、「主将を引き受けると好成績を挙げられない」というジンクスを知りながら、日本代表選手団の主将を引き受け、自らを追い込み、奮い立たせた。

 そして、7月3日に行なわれた日本代表選手団結団式・壮行会では、1万人を超す応援者を前に、「いただいた勇気は、リオデジャネイロオリンピックで国民のみなさんに返さなければいけない」と決意表明。さらに、「いいときも悪いときもあるが、どんな状態でも必ず勝つ。オリンピック4連覇は絶対に成し遂げます」と誓った。

この記事の続きを読む

1