ピンチで浮かんだ「伊調の逆転勝ち」。高橋・松友組が金メダル

 終盤に差し掛かったリオデジャネイロ五輪で初出場の"タカマツ・ペア"が金メダルを獲得した。

 バドミントン女子ダブルス決勝で、高橋礼華とともにクリスティナ・ペデルセン/カミラ・リターユヒル(デンマーク)と優勝争いをした松友美佐紀は試合後、「あの接戦の場面であの球を打てるなんて、すごい上手だなと純粋に思って......。本当に彼女たちと戦っていて楽しかったです」とうれしそうに話した。

 対戦相手は32歳と30歳のベテランで、何度も戦ったことのある、互いに手の内を知っている相手。特にファイナルゲームは、相手との駆け引きを楽しみながら試合ができたという。

 グループリーグから準決勝まで危なげなく勝ち上がってきたタカマツペア。ふたりはこの大会に世界ランキング1位として、追われる立場で臨んだ。だが彼女たちはその肩書にも、何ら重圧を感じることはなかったと語る。

この記事の続きを読む

1