ジーコも登場で「しゃぶしゃぶ」アピール。リオ市内に東京が出現

 まずは選手村。ここは14の競技が行なわれている「オリンピックパーク」から近く、卓球やバドミントン会場の「リオセントロ」の隣にある。31棟の宿泊施設やジム、レストラン、レセプションセンターなどが完備された巨大な施設だ。ある競技関係者が「ロンドン五輪のときは少し遠かったけど、今回は近くて助かります」と言うように、選手にとって利便性が高いようだ。

この記事の続きを読む

1