樋口黎、レスリング男子32年ぶりの学生「銀」。4年後に希望の光

 映画『ALWAYS 三丁目の夕日』に登場する少年のような、どこか懐かしいあどけなさが残る20歳7ヶ月の大学3年生――。日本レスリング史上6番目となる若さでオリンピック出場を果たしたフリースタイル57キロ級・樋口黎(ひぐち・れい)が見事、銀メダルを獲得した。

 レスリング男子の学生メダリストは、2008年北京五輪・銅メダリストの湯元健一(60キロ級)以来。学生の銀メダル獲得となると、1984年ロサンゼルス五輪の赤石光生(62キロ級)までさかのぼり、実に32年ぶりの快挙である。

 また、日本レスリングがもっとも得意としてきたフリースタイル最軽量級(ロンドン五輪までは55キロ級)では、アテネ五輪の田南部力(たなべ・ちから)、北京五輪の松永共広、ロンドン五輪の湯元進一に続き、4大会連続でのメダル獲得となった。

 昨年12月末に行なわれた天皇杯・全日本選手権で、10代で初優勝を飾った日本体育大の樋口は、オリンピック予選の出場権をゲットすると、今年3月のアジア予選も難なく制し、一発でオリンピック代表の座を掴んだ。そして、本番直前の6月には、ヨーロッパ遠征を敢行。国際大会2連覇を果たし、リオに乗り込んだ。

 オリンピックはもちろん、世界選手権への出場経験すらない。世界に手の内を知られていない"日本の秘密兵器"は、オリンピック前、強気の発言を繰り返した。

この記事の続きを読む

1