リオ五輪で沸いたゴルフ。東京五輪では「国別チーム戦」も登場か

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 リオデジャネイロ五輪で112年ぶりに五輪競技に復活した男子ゴルフ。多くのトップ選手が出場を辞退するという状況にあって、開幕前はさまざまな不安も囁かれていたが、最終日にはふたりのメジャーチャンプが見応えのある一騎討ちを披露。終わってみれば、大きな盛り上がりを見せた。

 最後まで熾烈な優勝争いを見せたのは、2013年の全米オープン覇者でイギリス代表のジャスティン・ローズ(36歳/イングランド)と、7月の全英オープンで初のメジャー制覇を果たして、乗りに乗っているヘンリク・ステンソン(40歳/スウェーデン)。最終的には、通算15アンダーの同スコアで迎えた最終18番パー5、第3打のピッチショットを80cmにつけたローズがバーディーを奪って、同じ第3打を寄せ切れなかったステンソンを退けた。

 その戦いの空気感は、メジャーのそれとはまるで違っていた。歴史の1ページを刻むという興奮なのか、ゴルフへの思い、さらには国を背負って戦うプライドなのか、"五輪"が持つ特別な意味を、そこにいた誰もが感じていた。

 金メダルを獲得したローズが言う。

「今まで味わったことのない、なんという1週間だったのだろう。とにかく、英国を代表して戦った。表彰式で金メダルをかけられたとき、本当に感無量だった」

この記事の続きを読む

1