リオ五輪女子サッカー決勝に見る。なでしこ「4年後のVロード」

 リオデジャネイロオリンピックで女子サッカー決勝が行なわれ、ドイツがスウェーデンを2−1で下して初の金メダルを獲得した。

 女子サッカーにおいて最高峰とされるのは、このオリンピックの舞台。各国、ここを集大成としてチームを作り上げてくる。前回大会で銀メダルのなでしこジャパンは出場が叶わなかったが、リオでは世界中か集結した強豪がしのぎを削り、勢力図は新たに書き換えられた。

 ここから東京までの4年で、さらなるレベルアップがなされるだろうが、先にチーム作りをスタートさせた日本にとっても、取り組むべき方向性を感じ取ることができる戦いが数多くあった。

 ベスト4に残ったのはドイツ、スウェーデン、カナダ、そして開催国のブラジル。ベスト4の常連ともいえるアメリカが姿を消していることも驚きだ。金メダルに輝いたドイツは、女子ワールドカップで史上初の2連覇(2003年、2007年)を成し遂げているものの、オリンピックは初制覇。

 フィジカル強化された選手揃いであるのは当然のこと、攻守において最もバランスが取れているチームだった。決勝では、スウェーデンの守備の前に苦しめられたが、後半3分に先制弾を放つ。右からのパスを受けたマロジャンが完璧にボールをコントロールすると、DFを寄せずに一気に右足を振り抜いた。常に人に対してプレッシングをかけていたスウェーデンDF陣が初めて与えた"隙"を見逃さないのもドイツの強さだ。

この記事の続きを読む

1