エアグルーヴの血を引く「筋肉系」ヴァナヘイムが早くもデビュー

厳選!2歳馬情報局(2016年版)
第13回:ヴァナへイム

 サラブレッドは生まれた瞬間に、ふたつの"役目"が求められる。ひとつは、現役の競走馬としてレースで実績を残すこと。もうひとつは、引退後に父や母となって、活躍馬を多く出すことだ。

 どちらか片方の"役目"をまっとうするだけでも簡単なことではないが、ふたつとも成功させる馬も少なからずいる。

 牝馬でその代表的な存在と言えば、「女傑」と呼ばれたエアグルーヴだ。現役時代には、1996年のGIオークス(東京・芝2400m)と、1997年のGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)を制覇。特に天皇賞・秋では、牡馬一線級を封じ込める圧巻の勝利を飾った。

 さらに彼女は引退後、母としても高い能力を発揮。GIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)を連覇したアドマイヤグルーヴや、海外GIのクイーンエリザベスC(香港・芝2000m)を制したルーラーシップらを世に送り出した。その他にも、多数の重賞勝ち馬を生み出している。

 そんなエアグルーヴからなる血筋は、今や日本を代表する一族。2015年には、アドマイヤグルーヴの子で、エアグルーヴの孫となるドゥラメンテが二冠馬に輝いた。

 そして、今年の2歳馬の中にも、エアグルーヴの血を引く素質馬がいる。まもなくデビューを迎える、ヴァナヘイム(牡2歳/父キングカメハメハ)だ。

 母は、エアグルーヴの子であるグルヴェイグ。現役時代には、2012年のGIIIマーメイドS(阪神・芝2000m)を勝っており、優秀な血筋の継承者として期待されている馬だ。ヴァナヘイムは、その初子となる。

この記事の続きを読む

1