最終戦3位の松山英樹。10億円を争うプレーオフへ「稼ぎにいく」

 米ツアー2015−2016年シーズンのレギュラーツアー最終戦となるウィンダム選手権(8月18日〜21日)が、ノースカロライナ州のセッジフィールドCC(パー70)で行なわれた。

 同大会では、過去2年予選落ちに終わっていた松山英樹(24歳)だが、今年は初日に8位タイとまずまずのスタートを切ると、4日間コンスタントにスコアを伸ばして3位タイという結果を残した。

「(最終日は)バーディーを取りたい、スコアを伸ばしたい、というときになかなかチャンスにつかなくて、ちょっともどかしかった。それでも、自分の調子がよくない中で、いい感じでスコアを作れていた。順位的には上位を保ててよかった。今年(のコース)はフェアウェーが固かったし、ティーショットでドライバーを持たなくてもいい状況が多かった。そういう意味では、コースに助けられたのかな、と思う」

 今季メジャー最終戦の全米プロ選手権(4位)を終えたあと、2週間のオープンウィークを過ごした松山。その間、一度日本にも帰国していたそうだが、アメリカに戻ってきてから時差ボケに苦しんで、試合に臨む状態は決してよくなかったという。

「(全米プロのあと)日本に帰って、1週間くらいゆっくりしました。ただ、こっちに帰ってきてから、あまりにも時差ボケがひどくて......。寝て、起きたときに体がだるくて、また眠い、みたいな。それで、練習をしたくても、なかなかできなくて。フィジカルトレーニングすらできなかったですから。試合に向けては、今までで一番整っていない感じで入ってしまいましたね」

この記事の続きを読む

1