ミラン開幕戦勝利。本田圭佑は「出番なし」でも焦りなし

■オフィシャル誌編集長のミラン便り2016〜2017(1)
 日本の読者の皆さん! 私のコラムへおかえりなさい!!

 この日曜日、セリエAの2016〜2017シーズンがついに始まった。だが、試合の話をする前にまず、この夏ミランで起きたなかなか大変な出来事を、ざっとおさらいしておきたいと思う。

 6月までミランを率いていたクリスティアン・ブロッキ監督はチームを去り(現在はセリエBのブレシアの監督を務める)、今、ミランのベンチには、ヴィンチェンツォ・モンテッラが座っている。選手時代にはローマで中田英寿と共にプレーしたこともあり、監督となってからは、主にフィオレンティーナの、そして昨シーズン半ばからサンプドリアを率いていた監督だ。

 モンテッラは子どもの頃からのミラニスタで、彼の憧れの選手がマルコ・ファンバステンだったことは有名な話である。彼のミランとの契約は2年。実はベルルスコーニ会長は、モンテッラがまだ現役の頃、何度もミランに連れてこようと試みていた。今、やっとその夢が叶ったというところだろうか。

この記事の続きを読む

1