F1後半戦。「紳士をやめた」ロズベルグがハミルトンに反撃開始

「これで、2018年までルイス・ハミルトンの連続タイトルは決まったようなものだ」

 ハンガリーGPの最中、メルセデスAMGがニコ・ロズベルグとの契約2年延長を発表したとき、皮肉交じりにそう口にしたメディア関係者は決して少なくなかった。つまり、同じマシンに乗っているかぎり、ロズベルグはハミルトンに勝てない......というわけだ(かくいう筆者自身もそう皮肉ったひとりなのだが)。

 2016年の前半戦を終えて、ハミルトン(6勝)対ロズベルグ(5勝)と勝利数はほぼ五分。しかし、ポイントでは217対198。ふたりのタイトル争いには、19ポイントの差がついた。

 とりわけ、モナコGP以降はハミルトンの6勝1敗で、彼の速さが強く印象に残っている。ロズベルグが4連勝した序盤戦も、ハミルトンが度重なるパワーユニット系のトラブルに見舞われなければ、どうなっていたかわからない。

 そう考えれば、後半戦もハミルトンが圧倒的な速さで自身4度目のタイトルに向かって邁進する、と考えるのが当然だ。

 それでも、まだタイトル争いがもつれる可能性は十分にある。

 純粋な速さの争いとなる予選でも、ポールポジションの回数はハミルトン(6回)対ロズベルグ(5回)でほぼ互角。問題は、過去2年のタイトル争いを決めた最大の要因がそうであったように、決勝レースでの強さだ。バトルやピット戦略の競り合いになると、ロズベルグは力負けしがちな弱さがある。

この記事の続きを読む

1