4戦全敗のライバル復活も歓迎。錦織圭は「打倒トップ2」で全米に挑む

 シンシナティ・マスターズの大会会場を訪れたとき、彼は葛藤のなかにいた。

「絶対に無理はできない。USオープンに、ピークをどうしても持っていきたい」との思い。同時に、「ここで1000点を獲りにいくべきか」との逡巡もあった。前週のリオデジャネイロ五輪でいいテニスをしていただけに、それを生かしたいという願いもある。だが、2週間後に控える全米オープンに向け、最大の優先事項が「ケガをしないこと」なのは、間違いなかった。

 その迷いを抱えたままでのシンシナティでの戦いで、錦織圭は3回戦でバーナード・トミック(オーストラリア)に6−7、6−7で敗れる。

「こんなに身体が言うことを聞かないのは久しぶり」

 試合から約1時間後に会見室に現れた彼は、椅子に座ったまま足をストレッチするなど、疲労の色は隠せぬ様子。だが同時に、表情にはある種の安堵感をも漂わせていた。

「疲労だけで、ケガにつながるような痛みはない。そこは安心して、USオープンに臨めると思います」

 3週間前のトロント・マスターズでは決勝に進み、リオ五輪でも銅メダルを獲得。その後、移動日も含め中2日で挑んだシンシナティ・マスターズでは、1勝を含む2試合を戦い切った。「ここでポイントを獲れなかったもったいなさもある」との悔いを覚えながらも、最小限のダメージで8月29日開幕の全米オープンを迎えられることに、胸をなで下ろしているようであった。

この記事の続きを読む

1