顔が怖い23歳がバレンズエラ級の快投。ア・リーグに驚異の新人現る

■個人タイトルを争う注目ピッチャー@ア・リーグ編

 今年のレギュラーシーズンも残り40試合を切り、両リーグとも地区優勝争いが過熱してきました。また、それと同時に注目されているのが、個人タイトルをかけた争いです。個人成績を見てみると、両リーグとも投手部門において、日本ではあまり馴染みのない選手が上位に食い込んでいます。

 まず、ア・リーグの最多勝レースで気になるピッチャーは、現在17勝3敗・防御率3.05で勝ち星トップタイにいるトロント・ブルージェイズのJ.A.ハップでしょう。彼は2004年のドラフト3巡目・全体92位でフィラデルフィア・フィリーズから指名されてプロ入りした33歳のベテラン左腕です。2007年にメジャーデビューを飾ったハップは、2009年に23試合の先発で12勝4敗・防御率2.93という好成績を残し、ナ・リーグ新人王投票で2位にランクインしたこともありました。

 ところが2010年、ヒューストン・アストロズにトレードされてから、ハップは調子を落としてしまいます。年間6〜7勝しか挙げられないシーズンが続き、2012年にはブルージェイズへの移籍直後に足を骨折したり、2013年には頭部に打球が直撃するなど、不運が重なりました。

 昨シーズンはシアトル・マリナーズに先発4〜5番手として加入して心機一転を図るも、前半戦は4勝6敗・防御率4.64と期待はずれ。7月にはピッツバーグ・パイレーツにトレードで放出されることになり、まさにチームを転々とする選手生活を送っていたのです。

この記事の続きを読む

1