トップリーグ開幕! 23歳の新主将・流大が低迷サントリーを変革する

 ラグビーのトップリーグ(TL)は26日(金)、開幕する。「世代交代」が進む今季。サントリーの新主将、スクラムハーフ(SH)の流大(ながれ・ゆたか)は入社2年目の23歳。「もう、ワクワクしています。自分たちのプライドを示せるようなプレーをして、1戦1戦チャレンジしていきたい。"やってみなはれ"の精神で全勝優勝を目指します」と言葉に覇気を漂わせた。

 サントリーの今季のチームスローガンが『サントリー・プライド〜インターナショナル・スタンダード』である。チームは昨季、過去ワーストの9位に終わった。屈辱だった。雪辱を期し、監督に沢木敬介が就き、主将には流が抜擢された。負けず嫌いの生来のリーダーはまず、チームの意識を変えた。

「9位なので」と流主将は繰り返す。

「サントリーは長く、日本ラグビーを引っ張ってきた存在だと思うのですが、今はチャンピオンじゃないんです。上に8チームがいますし、下の10位以下も楽に勝てるチームはひとつもありません。ただチャンピオンになるためのメンタリティーと練習は積み上げてきました」

この記事の続きを読む

1