和田毅のライバルが大出世。高偏差値ピッチングで防御率トップを独走

■個人タイトルを争う注目ピッチャー@ナ・リーグ編

 球界を代表するスタープレーヤーが個人成績の上位を占めるなか、日本であまり知られていない選手が突如タイトル争いに加わってくるのも、メジャーリーグの楽しみのひとつでしょう。今シーズンのナ・リーグの投手部門を見てみると、今年も興味深いピッチャーがランキングに入ってきました。

 まず、今年の最多勝争いを見てみると、ワシントン・ナショナルズのタナー・ロアークという29歳の先発右腕がナ・リーグ5位タイの位置につけています。彼は2008年のドラフト25巡目・全体753位というかなり低い順位でテキサス・レンジャーズから指名されてプロ入りしました。その後、2010年7月にナショナルズにトレードされ、2013年にメジャーデビュー。2014年には31試合に先発して15勝10敗・防御率2.85という素晴らしい結果を残しました。

 しかし2015年、ナショナルズがFAとなったマックス・シャーザーを獲得したため、ロアークは飽和状態となった先発ローテーションから外されてしまいます。15勝も挙げたにもかかわらず、リリーフに回ることになりました。それが精神的にショックだったのか、ロアークの成績は急降下。計40試合の登板で、そのうち12試合は先発としてマウンドに立ちましたが、4勝7敗・防御率4.38というパッとしない成績でシーズンを終えたのです。

この記事の続きを読む

1