予選3位の佐藤琢磨が謎のクラッシュ。インディカーはもう終盤戦

 2016年のインディカー・シリーズも終盤戦に入っている。8月の第3日曜日に行なわれたペンシルベニア州ポコノ・レースウェイでの500マイルレースは、全16戦の14戦目。第9戦テキサスが雨によって中断中(248周のうちの71周が終了)で、残り周回は今週末に争われる。そのテキサスでのレースを含め、残るは3戦となっている。

 日曜の午後3時にスタートするはずだったレースは、雨によって翌月曜日に延期された。レースで勝ったのは、ポイントランキングで2番手につけるウィル・パワー(チーム・ペンスキー)だった。前戦ミッド・オハイオでパワーを豪快にパスして優勝し、ポイントでリードを広げていたシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)は、クラッシュでリタイア。結果は18位に終わり、2014年チャンピオンのパワーは、58点まで広がっていた大差を20点差に縮めてきた。優勝回数もパワーとパジェノーは4勝ずつで並んだ。

 トップ10フィニッシュは確実と思われたパジェノーだったが、終盤に行なったピットストップの後、まだ完全に暖まり切っていないタイヤのためかラインをわずかに外れ、マシンのコントロールを失った。

この記事の続きを読む

1