国内競馬場、完全制覇! 初めて訪れた佐賀競馬場で感慨に浸る

■「夏競馬」珍道中〜西日本編(9)

 笠松競馬場、小倉競馬場と渡り歩いてきた夏競馬の「旅打ち」(その前に川崎競馬場にもいたが......)。第3ラウンドの舞台は、佐賀競馬場となる。

 佐賀競馬場には、これが初めての訪問だ。グレード競走も行なわれているのに、これまでなぜか縁がなかった。それが今回、やっと来る機会を得て、ワシは国内で開催されている全競馬場"踏破"を達成することになる。

 競馬を始めて、足かけ25年。これまで訪問してきた競馬場の中には、すでに廃止になった競馬場も少なくない。首都圏以外では最も通った広島県の福山競馬場、レース実況をやらせてもらえた栃木県の足利競馬場や山形県の上山競技場......セピア色になりかけているさまざまな思い出が、佐賀競馬場へ向かうバスの車窓に映り込むように鮮やかによみがえってきた。

 久留米駅からおよそ15分、バスは佐賀競馬場に到着した。時間は11時頃だった。中央競馬はとっくに始まっている時間だが、この時期の佐賀競馬は第1レースの開始が12時過ぎ。勝負まで、まだまだ時間はある。

 正門をくぐって、佐賀競馬場の地に足を踏み入れた瞬間、ワシは感慨深い思いを噛み締めた。ついに国内競馬場完全制覇を果たしたのだ! ワシにとっては、誰かに祝ってもらいたいほど、大きなメモリアルなのである――とはいえ、ひとり旅にそんな酔狂な人間は周りに誰もいない。

この記事の続きを読む

1