クロマティからの金言。「日本野球よ、もっと個性を。もっとフルスイングを」

「ニッポンの野球は、あの頃のほうが今よりもレベルは高かったよ」

 そう語るのは、かつて巨人で活躍したウォーレン・クロマティだ。そのクロマティの言う"あの頃"とは、彼が巨人でプレーした84年から90年の頃を指し、日本のプロ野球の全盛期だと言い切った。

 日本のプロ野球は、野茂英雄がメジャーで旋風を巻き起こした95年以降、毎年のようにメジャーリーガーを輩出している。06年に始まったワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でも「国内組」中心の編成ながら2度の優勝を誇るなど、世界でも屈指のレベルにある。それでもクロマティは"あの頃"が最高だったと言う。

 たしかに当時は、毎日のようにテレビでプロ野球中継が放送されていたし、巷の話題も野球が中心だった。

 そんな当時のプロ野球を牽引していたのが巨人だった。本拠地・後楽園球場の周りは連日、自由席の座席確保のために徹夜で行列ができ、日本初の屋根付き球場である東京ドーム完成後は、入場券は即日完売が当たり前だった。そんなプロ野球が、巨人が最も輝いていた時代に、クロマティはその中心にいた。

 それまで"メジャーリーガー"の来日といえば、ポジションを失ったベテランがキャリアの最後に荒稼ぎしにやって来るのが相場だった。

「それを私が変えたんだ」

 その言葉通り、クロマティは前年までモントリオール・エクスポズのレギュラー外野手として不動の地位を築いていた。現役バリバリのメジャーリーガーの彼が日本のチームを選んだ理由とは何だったのだろうか。彼の答えは明確だった。

この記事の続きを読む

1