苦しんだ米ツアー1年目。岩田寛は 来季、どんな道を選択するのか

■WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 今季からPGAツアーに参戦した岩田寛(35歳)は、レギュラーシーズン最終戦となるウィンダム選手権(8月18日〜21日/ノースカロライナ州、セッジフィールドCC)で予選落ち。最後まで苦しい戦いを強いられた。

 初日をイーブンパー、75位タイで終えた岩田は、2日目も出だしの10番からボギーと悪い流れだった。それでも、後半に入ってから持ち直して、5番パー5では2日連続のイーグル。通算2アンダーまで伸ばして予選通過も見えたが、7番パー3で痛恨のダブルボギー。これが響いてこの日もイーブンパーに終わり、カットラインに3打及ばず、決勝ラウンドには進出できなかった。

 昨年10月の開幕戦から挑んだ米ツアー1年目、岩田は29試合に出場し、予選通過は14試合。最高位は2月のAT&Tペブルビーチ・プロアマでの4位で、トップ25入りは3回にとどまった。フェデックスカップ・ランキングは、339ポイントで146位。この結果、125位までが出場できるプレーオフ初戦、バークレイズ(8月25日〜28日/ニューヨーク州)には駒を進めることができなかった。

 この1年、苦しい日々を送ってきた岩田。シーズンを振り返ると、苦渋に満ちた表情を浮かべてこう吐露した。

「思ったショットが打てず、自分のゴルフにがっかりしている。ショットもそうだけど、最近はパットも入らない」

この記事の続きを読む

1