W杯最終予選、日本期待の「切り札」はJで躍動する小林悠

 いよいよ2018年ロシアW杯出場をかけたアジア最終予選が始まる。日本はまず、9月1日にUAE(埼玉・埼玉スタジアム)、9月6日にタイ(バンコク・ラジャマンガラスタジアム)と対戦する。そのメンバー発表会見でヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、日本代表の戦力についてこう言及した。

「海外組が先発で出ていない、という事実がある。(その中には)ケガを抱えたままシーズンに入った選手もいる。移籍したばかりで先発を勝ち取らなければならない選手もいる。新しいトレーニングをこれから始める選手もいる」

 欧州各国リーグのシーズンは始まったばかり。それぞれ置かれている状況が異なる海外組は、まさしくコンディションにバラツキがある。加えて、長距離移動というハードルもある。ゆえに、ハリルホジッチ監督がそうした懸念を口にするのもうなずける。

 なかでも心配されるのは、選出された7名のうち、6名が海外組のFWである。どの程度やれるのか、実際に合流してみなければわからない、というのが現状だ。

 それだけに、国内組から唯一FWに選出された川崎フロンターレの小林悠にかかる期待は、いやがうえにも高まる。当の本人も「以前よりは自信がある」と、今回の最終予選にかける思いは強い。

この記事の続きを読む

1