USオープン初制覇を狙う錦織圭がリオ五輪後に痛感したマリーと自らの差

 1年ぶりにUS(全米)オープンに出場するためにニューヨークへ帰って来た錦織圭は、さらに精悍な顔つきになっていた。もともと色白の彼の肌は褐色に日焼けして、たくましさを増したように見え、彼の大きな双眸(そうぼう)には、明るい未来を予感させるような光が瞳の奥に宿っていた。

 マスターズ1000・トロント大会(7月25〜31日)では、準決勝でスタン・バブリンカ(大会時5位、スイス)をストレートで破って初めて決勝に進出し、ノバク・ジョコビッチ(1位、セルビア)には敗れたものの準優勝に輝いた。当初は6月のグラスシーズンに発症した左わき腹の筋膜炎の回復具合が懸念されていたが、その不安を払しょくした。

「夏はすごくいい滑り出しでした。カナダ(トロント大会)も内容的には100点ではないけど、決勝まで行けました」

 このように語った錦織は、自身3回目のオリンピックとなるリオデジャネイロ大会(8月4日〜14日)の3位決定戦で、ラファエル・ナダル(5位、スペイン)を2時間49分におよぶフルセットの激闘で破り、初めて銅メダルを獲得。「オリンピックも最終日まで残って、初のメダルも取ることができました」と自信を深めた。

この記事の続きを読む

1