サトノダイヤモンドの妹リナーテ。「好馬体で、気の強さは兄以上」

厳選!2歳馬情報局(2016年版)
第14回:リナーテ

 今年、最も悔しい思いをしたサラブレッドの名前を挙げるとしたら、サトノダイヤモンド(牡3歳/父ディープインパクト)ではないだろうか。競馬界最高峰の舞台であるGI日本ダービー(東京・芝2400m)で惜しくも2着。それも、わずかハナ差に泣いたのだ。

 競走馬のセリ市「セレクトセール」において、2億3000万円(税別)で落札された同馬は、昨秋にデビューしてから破竹の3連勝を飾った。無傷で挑んだクラシック第1弾、GI皐月賞(中山・芝2000m)では、直線で不利を受けながら僅差の3着。「負けて強し」と言える内容だった。

 そして迎えた日本ダービー。サトノダイヤモンドはデビュー以来、初めて1番人気を譲ったが(2番人気)、直線では力強く抜け出して、馬群を割ってきた3番人気マカヒキと壮絶な追い比べを披露した。どちらも33秒台前半の上がりを駆使して、そのまま馬体を並べてゴール。しかし、ほんの少しの差でマカヒキに軍配が上がり、サトノダイヤモンドはビッグタイトルを逃したのである。

 その雪辱を晴らすため、サトノダイヤモンドは今秋、GI菊花賞(京都・芝3000m)で初の戴冠を目指すという。そんな中、実は同馬の妹がデビューを控えた2歳馬の中にいる。リナーテ(牝2歳/父ステイゴールド)である。

 早々に注目を集めていた兄と同様、妹も生まれてまもなく、スタッフの目を引く存在となっていた。リナーテの育成を行なったノーザンファーム早来の村上隆博氏は、春の取材でこんな感触を述べていた。

この記事の続きを読む

1