80年ぶりの入賞。飛込み・板橋美波は東京五輪でヒロインになれるか

 リオデジャネイロ五輪女子高飛込み決勝で、16歳で初出場の板橋美波(いたはし みなみ)が8位入賞を果たした。女子の高飛込みとしては80年ぶりの快挙だった。

 予選と準決勝はまったく緊張しなかったという板橋が、「決勝になったらメッチャ緊張してしまって......。でも、もう『最後だからやっちゃえ!』みたいなノリでいきました」と大きな声で笑いながら振り返った。

 彼女は、世界の女子で唯一"前宙返り4回半抱え型"という難易率3.7の大技を持ち、その武器で一躍メダル候補と期待されていた。そんな彼女をリオで見た時に感じたのは、これまでと一変して明るくなっていたことだった。以前は笑顔もまれだったが、今は話していても終始笑みがこぼれる。馬淵崇英(まぶち すうえい)コーチも「明るくなったでしょう。変わりましたよ」と言って目を細める。

この記事の続きを読む

1