W杯最終予選に衝撃データ。日本は初戦に勝たねば「予選敗退」濃厚

 2018年ロシアW杯アジア最終予選がスタートする。6大会連続の本大会出場を目指す日本代表は、9月1日の初戦でUAE(埼玉スタジアム)と、9月6日の第2戦でタイ(バンコク)と対戦する。

◆最終予選は初戦がすべて

 過去のデータをひも解けば、W杯出場のためには、最終予選の初戦は絶対に落とせない。W杯予選の長い歴史の中でも、最終予選の初戦を落とした国がアジアの代表として本大会に出場したケースは一度もないのだ。W杯出場の可否は、まさしく初戦にすべてが集約されていると言っても過言ではないだろう。

 日本も開催国のため予選免除となった2002年W杯を除いて、過去W杯出場を果たしたときは、最終予選の初戦ですべて勝利を飾っている。逆に、最終予選まで駒を進めながら、本大会出場を逃した4大会は、ことごとく初戦で取りこぼしている。

 W杯予選に初めて参加した1954年W杯予選をはじめ、1962W杯予選、1986年W杯予選は、そのアジア最終予選初戦で韓国に敗れている。1994年W杯アジア最終予選では、初戦のサウジアラビア戦でスコアレスドロー。最終的には、かの有名な「ドーハの悲劇(※)」を招く結果となった。
※最終戦のイラク戦で後半ロスタイムに痛恨の同点ゴールを奪われて、得失点差で予選敗退

【日本のW杯アジア最終予選初戦の戦績】
1954年W杯予選=日本1●5韓国(H)→予選敗退
1962年W杯予選=日本1●2韓国(A)→予選敗退
1986年W杯予選=日本1●2韓国(H)→予選敗退
1994年W杯予選=日本0△0サウジアラビア(カタール)→予選敗退
1998年W杯予選=日本6○3ウズベキスタン(H)→本大会出場
2006年W杯予選=日本2○1北朝鮮(H)→本大会出場
2010年W杯予選=日本3○2バーレーン(A)→本大会出場
2014年W杯予選=日本3○0オマーン(H)→本大会出場
※( )内のH=ホーム、A=アウェー、国名は開催地(以下同)

この記事の続きを読む

1