W杯予選はいきなり山場。UAE、タイはこんなに恐ろしいのだ

■ヤバイぞ、アジア最終予選〜杉山茂樹×浅田真樹(前編)

 いよいよ始まるロシアW杯アジア最終予選。グループBの日本のライバルはオーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイ。上位2カ国は出場権を獲得。3位同士はアジアプレーオフを戦い、勝者が大陸間プレーオフに回る。

 初戦をUAE(9月1日)、第2戦をタイ(9月6日)と戦う日本。とはいえ、現時点で予選落ちを本気で危惧している人は少数派だろう。5大会連続出場中の日本。それ以前の記憶など忘却の彼方へ消え去ろうとしている。だが今回は違う。危機感を募らせるサッカーライター、杉山茂樹氏と浅田真樹氏が予選を展望する。

杉山:南アフリカ、ブラジルと、ここ最近のW杯予選は「何だかんだと言って突破確率、80%はあるんじゃない?」と見ていたのですが、今回はちょっと様子が違います。五分五分とは言いませんが、60%あるかどうか。理由のひとつは、対戦国の実力が上がっていること。UAE、タイという「苦戦はしても何とかなるだろう」と思っていた相手も、そうではなくなってきた。

浅田:僕も、最初の2戦が最終予選のヤマ場になるような気がします。ここで2連勝すればいつものように行けるかもしれないけど、そうでないと最後までもつれるドロ沼の予選になる可能性がある。特にUAEとタイは、序盤で当たるには相当、嫌な相手です。

この記事の続きを読む

1