「ウイリアムズに勝った」。新ユニット投入でアロンソも自信復活

 8月27日、スパ・フランコルシャンのマクラーレン・ホンダのピットガレージ裏には、ホンダの輸送ボックスがふたつ綺麗に並んでいた。待望のアップデート型パワーユニットが、この夏休み明けのベルギーGPに間に合ったのだ。

「今回、ようやく燃焼室周りを含めたエンジン(ICE)そのもののアップデートが入っているので、パワーアップを果たしています。しかし、期待半分、不安半分といったところですね......」

 金曜日に2台のパワーユニットRA616H「スペック3」が走り始める直前、長谷川祐介F1総責任者は率直に胸の内を明かした。

 7トークン(※)を使い、ICEの燃焼室を改良するとともに、燃焼効率アップにともなって排気温度が下がって排気エネルギーとターボ回生率が下がるのを防ぐために、ターボチャージャーにも改良を加えた。

※パワーユニットの信頼性に問題があった場合、FIAに認められれば改良が許されるが、性能が向上するような改良・開発は認められていない。ただし、「トークン」と呼ばれるポイント制による特例開発だけが認められている。各メーカーは与えられた「トークン」の範囲内で開発箇所を選ぶことができる。

 しかし、長谷川総責任者は控え目だった。

「ドライバーが乗ってすぐわかるような出力アップというのはなかなかないし、スパのようなパワーサーキットでは、今回のアップデートが一足飛びにラップタイムや結果に結びつくということはありませんから」

この記事の続きを読む

1