「旅打ち」の最後は名古屋競馬場。きしめんで腹ごしらえして好発進

■「夏競馬」珍道中〜西日本編(12)

 西日本を行く「旅打ち」は、笠松競馬、小倉競馬、佐賀競馬、四日市競輪とめぐって、次でついに5カ所目となる。その舞台は、名古屋競馬場だ。

 ここまでの収支は、「5万円」という予算をすでに結構オーバーしている。移動や宿泊などの旅費は何とか予算内で納まっているだけに、問題は馬券と車券の成績だ。最後の名古屋では是が非でも取り返して、東京までは新幹線のグリーン車にでも乗って優雅に帰りたい。

 だいたい、夏の猛暑の中での過酷な移動と、神経をすり減らす勝負の日々は、ワシの体力を相当奪っている。今やホテルに帰った瞬間、仕事をする気力もなく、ベッドに崩れ落ちていく。こんな状態で、東京まで"鈍行列車"で帰るなんて、考えただけでも頭がクラクラしてくる......。

 名古屋競馬場には、名古屋駅からあおなみ線に乗って「名古屋競馬場前」駅で下車。そこから、徒歩3分ほどで競馬場に着く。

 名古屋競馬場は、競馬に詳しくない人からは中京競馬場とよく混同されることがあるが、中京はJRA(日本中央競馬会)でまったくの別もの。名古屋は地方競馬で、岐阜の笠松競馬とほぼ週替わりで開催されている。南関東の4競馬場(川崎、大井、浦和、船橋)と同じように、名古屋と笠松も馬や騎手が相互に交流を行なっている。

この記事の続きを読む

1